当院の歯周病治療|インプラント|川崎の日高歯科クリニック

ご予約・お問い合わせは TEL:044-522-1580

徹底した歯周病ケア

当院の歯周病治療

あなたは歯周病にかかっていませんか?

日本の成人の多くが歯周病にかかっているとされています。下記の症状が見られたら、歯周病を疑ったほうがいいでしょう。まずは簡単なセルフチェックをしてみてください。

  • 出血…ブラッシング時やりんごをかじったときに出血する
  • 口臭…適切なブラッシングをしていても口臭がなくならない
  • 歯が動く…指でゆさぶると歯がグラグラする
  • 歯が移動する/形が変わる…歯が以前より伸びたように感じる、以前よりも歯と歯とのすき間が空いている
  • 粘り気…起床時に口の中が粘っこく感じる
  • かゆみ・腫れ・痛み…体調不良時に歯ぐきがむずがゆく感じる、腫れる、痛みが出る

歯周病の検査

セルフチェックで歯周病の疑いがあった場合は、当院にて詳細な検査を受けられることをおすすめします。

歯周ポケット診査 歯と歯肉のあいだにある境目(歯周ポケット)に、ポケットプローブという器具を挿入してポケットの深さを測定します。3mm以上ある場合は歯ぐきが炎症を起こしていることを示しています。
動揺度検査 歯と顎の骨のあいだにある、クッションの役割を果たす歯根膜に炎症があると、歯がグラグラと大きく動揺します。前後に動く場合(動揺度1度)、前後左右に動く場合(動揺度2度)、前後左右上下に動く場合(動揺度3度)で表し、動揺度が高いほど歯周病が進行しているとわかります。
レントゲン検査 顎の骨の量を調べ、量が少ない場合は歯周病が進行していることがわかります。
噛み合わせ検査 強く噛む歯は歯周病がより進行しやすいため、噛み合わせを検査します。

この他にもさまざまな検査方法があり、症状やご要望に応じてご提案させていただきます。歯周病の心配がある方はお気軽にご相談ください。

歯周病の初期治療

歯周病治療の基本は、原因であるプラークと歯石を徹底的に除去することです。歯面や歯周ポケットに付着したプラークを、スケーラーという専用器具で除去します。これをスケーリングといい、さらに歯根の表面を磨いて汚れの再付着を防止するルートプレーニングを行います。

当院が考える「歯周補綴」

歯周補綴とは、通常の歯周病治療(歯石除去)のみでは不十分な場合に行う、連結固定による補綴処置をいいます。進行した歯周病の治療には欠かせない方法で、歯冠の修復や欠損部の補綴といった処置も含めて、健康な口腔状態を取り戻し、その状態を保つために行います。

歯のグラつきが起こるほど重度の歯周病でも、適切な治療で歯周組織を健康な状態に回復させ、補綴によって噛み合わせを整えれば、歯としての十分な機能を保つことができます。多くの場合は歯の大きな移動や欠損によって歯並びが乱れたり顎の位置がずれたりしているので、全顎のトータルな噛み合わせ治療は避けられません。

治療後の予防ケア

歯周病治療後、再び歯周病にならないようにするには、毎日の適切なブラッシングと定期的なメインテナンスが欠かせません。毎日のブラッシングでプラークを落としつつ、ブラッシングでは落とせない細かい部分のプラークや歯石を当院のクリーニングで除去するというケアがもっとも効果的です。

定期検診はクリーニングなどのケアを行うだけでなく、口腔内のチェックによる虫歯・歯周病の早期発見・早期治療にもつながるため、必ず定期的にお越しください。なお、適切な受診ペースは患者様の症状や口腔内の状態によって変わります。

より高度な歯周病治療

歯周病の症状が進行している場合には、外科手術による根本的な治療と歯周組織の再生治療を行います。原因となるプラークや歯石を徹底的に除去する、より高度な治療になります。

>>当院の高度な歯周病治療

PAGE TOP

ご予約・お問い合わせは TEL:044-522-1580
Copyright © HIDAKA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.

神奈川県川崎市|診療予約|日高歯科クリニック