インプラントを断られた方へ|インプラント|川崎の日高歯科クリニック

ご予約・お問い合わせは TEL:044-522-1580

骨が足りない方にも

インプラントを断られた方へ

「骨が足りない」といわれてしまった方へ

私たちの顎の骨は、歯が抜けるとやせていってしまいます。顎の骨がやせると人工歯根をしっかりと固定することができないため、顎の骨の状態によってはインプラント治療が行えません。

その場合、対処法としては2つ挙げられます。

  • インプラントを固定できるだけの骨量を確保する「骨造成(骨移植)」
  • インプラントを確実に固定できる場所に埋入する「グラフトレスソリューション」

いずれも高い技術が求められる治療ですが、事前の診断と綿密な治療計画によって安心・安全な治療を行います。他院で「骨が足りないから治療ができない」といわれてしまっても大丈夫です。当院でよく噛める日々を取り戻しましょう。

>>インプラント治療を成功させる秘訣とは?

骨造成(骨移植)

治療方法

サイナスリフト法

上顎にある上顎洞(サイナス)という空洞が大きいと人工歯根を埋め込めるだけの骨の厚みが確保できないため、上顎洞を押し上げてそこに自家骨(患者様自身の骨)や骨補填材を入れ、足りない骨を再生させます。多数の人工歯根を支える顎の骨を再生させたいときや、骨の厚みが3~5mmよりさらに薄い場合に行います。

GBR法

骨が不足している部分に専用の膜を巻いて骨が再生されるスペースを確保します。そこに骨補填材を入れ、足りない骨を再生させます。

ソケットリフト法

サイナスリフト同様に上顎洞を押し上げ、自家骨(患者様自身の骨)や骨補填材を入れ、足りない骨を再生させます。歯が生えていた部分(抜糸をした穴)から行う治療で、骨の厚みが3~5mmある場合に行います。

治療プロセス
  1. インプラント埋入と同時に
    骨が多少残っている場合、小さめの骨移植で対処できる場合などは、インプラント埋入と同時に骨移植を行います。
  2. 事前に骨を再生させておく
    骨がほとんどない場合、大きめの骨移植が必要な場合などは、事前に骨を再生させてからインプラント治療を行います。
メリット・デメリット
メリット
  • 歯が生えていた場所とほとんど同位置に埋入できるため、安定性が高いと考えられる
デメリット
  • 通常のインプラント治療の倍近い期間がかかる
  • インプラントを入れる部分に埋入以外の治療が行われるため、痛みや腫れなどの負担が増す

グラフトレスソリューション

治療方法
傾斜埋入

上顎洞などを避けて、骨がある部分に斜めに埋入します。人工歯根が斜めに出ているため、人工歯の連結部分で角度を調整する必要があり、厳密な診査と治療テクニックが必要です。

また、もともと歯がなかった部分(結節)を利用して人工歯根を埋入する方法もあります。

ショートインプラント

長さが短い人工歯根を埋入します。安全性は高いものの、強度に問題が出る可能性があるため、必要になる本数が増える可能性があります。

メリット・デメリット
メリット
  • 骨移植よりも痛みや腫れなどの負担が軽い
  • 骨再生期間を待たないため、治療期間が短くなる
デメリット
  • 傾斜埋入やショートインプラントにより、強度に問題が出る場合がある
  • 高度な技術が求められるため、対応できる医院が少ない

PAGE TOP

ご予約・お問い合わせは TEL:044-522-1580
Copyright © HIDAKA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.

神奈川県川崎市|診療予約|日高歯科クリニック