歯周病とインプラントの関係|インプラント|川崎の日高歯科クリニック

ご予約・お問い合わせは TEL:044-522-1580

知っていましたか?インプラントの歯周病

歯周病とインプラントの関係

歯を失う原因の第一位は「歯周病」

歯周病とは、歯に付着したプラークや歯石が原因で起こる、歯ぐきや顎の骨の病気です。最初は歯ぐきの腫れなどの炎症が現れますが、次第に症状は顎の骨に進行していき、最終的には骨が溶かされて歯が抜けてしまいます。

痛みなどの自覚症状がなかなか現れないため、虫歯以上に気づかずに放置してしまうことが多く、そのため歯を失う原因としてもっとも多いとされています。

歯を失わないために

歯周病の原因は、「生活習慣」と「不完全なブラッシング」にあります。喫煙やストレス、不摂生などの生活習慣、そしてブラッシングが足りずプラークがたまると歯周病になってしまいます。症状が進行して顎の骨が破壊されてしまうと、完全に元通りに治すことはできません。

歯ぐきが腫れている、ブラッシング時に出血するなどの症状が見られたら、すぐにご相談ください。

~当院の歯周病治療~

当院では、各種歯周病検査を行い、症状に応じた治療を行っています。また、治療後の再発予防ケアにも力を入れていますので、お気軽にご相談ください。

>>当院の基本的な歯周病治療

PAGE TOP

インプラントにも歯周病がある

インプラント治療のあとにも、インプラント周囲炎という歯周病にかかることがあります。人工歯が虫歯になることはありませんが、歯ぐきや顎の骨は天然のもの。ブラッシングを怠ってプラークをためてしまうと、人工歯根部との接合面に炎症が起こり、歯ぐきから顎の骨まで進行し、最終的には埋入した人工歯根が抜け落ちてしまうのです。インプラントには神経が通っていないため通常の歯周病よりも自覚しにくく、特に注意が必要です。

日頃のブラッシングに加えて、歯科衛生士による正しいブラッシング指導(TBI)や、専門機器を使ったクリーニング(PMTC)によって、インプラントを守りましょう。

>>治療後のメインテナンスについてはこちら

~歯ぎしり・噛み合わせに注意~

インプラント周囲炎の主な原因はメインテナンス不足ですが、歯ぎしりや噛む力が強すぎるとインプラント周囲炎を招く要因となります。

天然歯には歯根膜というクッションがあり、噛む力を分散させて噛んでも歯根が動かないように圧力を受け止めていますが、インプラントの場合はクッションがありません。強い力が加わるとそのまま顎の骨に衝撃が伝わり、周囲炎を招いてしまうのです。

PAGE TOP

ご予約・お問い合わせは TEL:044-522-1580
Copyright © HIDAKA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.

神奈川県川崎市|診療予約|日高歯科クリニック