歯周外科治療と再生治療|インプラント|川崎の日高歯科クリニック

ご予約・お問い合わせは TEL:044-522-1580

高度な歯周病治療で健康なお口を再現

歯周外科治療と再生治療

より高度な歯周病治療

歯周病が進行すると、歯周ポケットが深くなって顎の骨にも炎症が進行します。スケーリング・ルートプレーニングで対処できない場合は、下記のような手術を行います。

歯肉整形術 盛り上がっている歯肉を切り取り、食べかすやプラークがたまらないようにします。
歯周ポケット掻爬(そうは)術 歯周ポケットがあまり深くない、比較的軽い歯周病に行います。歯石やうみなどと一緒に歯肉を削り取ります。
フラップ手術 重度の場合に行う治療で、歯肉をはがして歯石やうみなどと一緒に歯肉を削り、元通りに縫合します。

この他にもさまざまな治療方法があり、症状やご要望に応じてご提案させていただきます。歯周病の心配がある方はお気軽にご相談ください。

失われた歯周組織を再生させる治療

軽い歯周病であればスケーリングやルートプレーニングで治療可能です。ただし、顎の骨まで炎症が進行している重度な場合は歯周再生治療が必要になります。

GTR法

歯周組織誘導法といい、メンブレンという膜を張り歯肉の侵入を防ぎながら、健康な歯周組織を再生させる方法です。

エムドゲイン(R)

幼少期の歯が生えてくるときと同じ状況を再現し、強い歯周組織を再生させる方法です。エムドゲインゲルというたんぱく質の一種を主成分とする歯周組織再生誘導材料を塗布します。

PAGE TOP

当院の歯周外科治療 症例画像1

Aさん(仮名)

Before
Before
After
After
4年後の様子

4年後の様子

Bさん(仮名)

2002年 4月の様子

2002年 4月の様子

2002年 4月の様子

2002年 8月の様子

2002年 8月の様子

2002年 8月の様子

2003年の様子

2003年の様子

2004年の様子

2004年の様子

歯周病治療とその経過です。歯根の状態を回復させてから、しっかりメインテナンスを続ければ、変わらず健康な歯周組織を維持できます。

Cさん(仮名)

Before
Before
After
After

歯周病が進行し、歯肉が退縮して歯が伸びたように見えていました(Before)。歯根にこびりついた歯石などを除去すると、歯肉が健康な状態に戻りました。

PAGE TOP

ご予約・お問い合わせは TEL:044-522-1580
Copyright © HIDAKA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.

神奈川県川崎市|診療予約|日高歯科クリニック