インプラント成功の秘訣|インプラント|川崎の日高歯科クリニック

ご予約・お問い合わせは TEL:044-522-1580

インプラントを長持ちさせるための心がけ

インプラント成功の秘訣

インプラントを長持ちさせるために 1~治療前の注意点~

インプラント治療に入る前には、口腔内の虫歯や歯周病などの感染症を治療しておくことが重要です。治療せずにインプラント治療を行うと、歯周組織が侵されて治療失敗を招く可能性があるためです。同様に治療後も適切なメインテナンスを行えば、再発を防いでインプラントを長持ちさせることができます。

虫歯 インプラントの上部構造(人工歯)は人工物のため虫歯にはなりませんが、周囲の天然歯が虫歯で失われると、人工歯根の維持に影響します。
歯周病 歯周病は顎の骨を破壊する病気です。人工歯根と結合している顎の骨が破壊されれば、人工歯根が抜け落ち、せっかくのインプラント治療が失敗に終わってしまうことがあります。
口腔粘膜疾患 舌・歯肉などに起こる疾患(口内炎もこの一部)で、口腔内の健康状態を悪化させる一因になります。
根尖病巣 重症化した虫歯が原因で歯根の先端あたりにうみができる病気のことです。強い痛みをともない、周囲の天然歯にも影響を与えます。

他にも……

インプラントを長持ちさせるには、感染症以外にも注意が必要な点があります。

歯ぎしり インプラントは天然歯ほど強くないので、歯ぎしりが強いと破損する可能性があります。マウスピースなどを就寝時に装着して歯ぎしりの習慣を改善することもあります。

PAGE TOP

インプラントを長持ちさせるために 2~治療後の注意点~

インプラント治療のあとは、適切なメインテナンスによってインプラントを長持ちさせることに励みましょう。メインテナンスを怠ると早い段階で抜け落ちてしまうこともありますが、しっかりメインテナンスをすれば快適な噛み心地が長持ちします。

メインテナンスの重要性

インプラントを長持ちさせるには、毎日の正しいブラッシングと定期検診が欠かせません。プラークや歯石の付着を防ぎ、なおかつ定期検診にて人工歯や顎の骨の状態を診査すれば、万が一問題があった場合にも適正な対処が行えます。

メインテナンスがしっかり行われていれば、高い確率でインプラントの寿命を延ばすことができます。治療が終わったからと安心せず、丁寧なケアを心がけていきましょう。

>>インプラント治療後のメインテナンスについてはこちら

インプラントの歯周病「インプラント周囲炎」

インプラント治療後のトラブルとして多く挙げられるのが、インプラント周囲炎です。インプラントは虫歯にはなりませんが、歯ぐきや顎の骨は天然のもの。ここが歯周病菌によって侵されると、人工歯根を支える顎の骨が破壊され抜け落ちてしまいます。

正しいメインテナンスで歯周病の原因となるプラークや歯石をしっかり落とすこと、これが最も重要です。

>>インプラントと歯周病のくわしい関係はこちら

治療後の注意点

手術を終えたあとは口腔内や体が非常にデリケートになっています。適切なケアをして、トラブルを防ぎましょう。

止血 手術当日はうがいをせず、出血がひどいときはガーゼや脱脂綿を丸めて傷口に当てて10~20分噛んでください。それでも止まらない場合にはすぐにご連絡ください。
食事 麻酔が切れてから、やわらかいものを食べてください。辛いものなどの刺激が強いものは避けましょう。
痛み 手術後、麻酔が切れて痛みが感じられる場合には、処方した鎮痛剤を服用してください。
腫れ 個人差がありますが、場合によっては口元に腫れが出ることがあります。2~3日は湿布を当てるなどして冷やしましょう。数日で引くのでご安心ください。
その他日常生活での注意点
  • 手術当日は長時間入浴せず、シャワー浴程度にとどめておきましょう。
  • 飲酒・喫煙は術後2週間は控えましょう。
  • 術後2~3日は激しい運動を行わないでください。
  • 治療箇所を舌や指で刺激しないでください。
  • 治療箇所を強く噛みしめないでください。

PAGE TOP

ご予約・お問い合わせは TEL:044-522-1580
Copyright © HIDAKA DENTAL CLINIC. All Rights Reserved.

神奈川県川崎市|診療予約|日高歯科クリニック